入院は必要?包茎の治療期間と料金について

症状に応じた包茎治療の対応の違い

包茎治療は、症状に応じて料金が異なるのが特徴です。
主に、仮性と真性、そしてカントンという3つの症状に分類できますがこの中で最も料金が安いのが仮性包茎です。
これについては、最安値で5万円前後から治療を始められるところも存在します。
この状態は、それほど深刻なものではなく簡易的な治療で済ませることもあります。
そのため、治療費を安く済ませられる傾向があり、コンプレックスの解消手段としても十分に役に立ちます。
実際に、高額な治療でも15万円前後が相場です。
反対に、真性やカントンについては20万円以上することが普通で、大掛かりな治療を行うときには30万円以上も必要になることがあります。
これらの症状は、医学的な観点からも治療の必要性があると判断されることも少なくありません。
実際に、治療内容によっては保険の適用ができるものも存在しますので、クリニック側とよく相談をして最善の治療法を選ぶことが重要です。

入院する必要性がないメリット

一般的に、包茎治療は即日で終わるものが大半なので入院をしなくてはならないことはほとんどありません。
ただ、気を付けてなくてはならないのがアフターケアがとても重要になるという点です。
包茎治療は、即日で手術が行われますが、その状態の回復には2週間から3週間程度は必要です。
もちろん、個人差も存在しますが長ければ1ヶ月程度はきちんと様子を見ながら慎重に対処をしていく必要があります。
元々、包茎治療では陰茎へのダメージや負担が大きくなることから麻酔を利用することが一般的です。
手術をしている最中は確かに痛みを感じませんが、手術が終わると麻酔の効果も切れてきますので、痛みを感じやすくなります。
その状態を安定させるために、ダメージを回復させるための時間が必要です。
この時間がアフターケアの期間であり、最短でも1週間から2週間は必ず様子を見る必要があります。
回復には必ず個人差がありますので、入院はないですがそのための時間は必要だということを知っておくことです。

まとめ

包茎治療には、患者に応じたいくつかの最善の治療法が提案されます。
どういった手術内容であっても、即日で終わらせることができるものが大半で、入院の必要性はありません。
ただ、治療の中身に応じて料金や回復期間は違います。
内容が簡易的なものであるのならば料金も回復期間も短くで済みますし、メスを入れて麻酔を必要とする場合には長い時間が必要です。
本人の症状と治療内容を考慮して、最もリーズナブルを選ぶのが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です