リロケーション物件とは??

前回、分譲についてお伝えいたしましたので、
本日はリロケーション物件についてお届けしてまいります。

リロケーション物件とは
海外赴任や地方出張で一時的に部屋を出た大家さんから
部屋を借りる物件の事です。

個人的に賃貸にしているので、
この場合は分譲の場合がほとんどです。

リロケーション物件は分譲なのでしっかりしていて
主に2LDK等のファミリータイプが多いです。

特徴は賃料と退室のタイミングです。

通常の賃貸では居住者が部屋を出るタイミングを決める事ができますが。
この物件の場合は大家さんの都合で部屋を出なければなりません。
退室のタイミングは通常30日前に大家さんから退室してくださいという文書が届きます。

期間的には2~5年が多く、定期借家●●年など、物件情報に記載されていあます。

つまり更新という概念がないのがりリローケーション物件です。

そのかわり、賃料はかなり安く設定されています。

一時的に部屋をかりたい方等にとっては
メリットが多い物件です。

しかし、この物件の手の物件数は少ないので、
興味がある方は不動産屋に聞いてみる事をおすすめいたします。

The following two tabs change content below.

広報