分譲のポイントを知っているとお宝物件に出会うかも

お部屋さがしの際に

「分譲」「リロケーション」「公団」等、

色々ワードを見ると思います。

部屋はこのような物件によって

種別や契約システム・条件などが異なってきます。


部屋をさがす際に違いやポイントをわかっていると

より満足できるお部屋探しができるでしょう。


本日は「分譲」に焦点をあててお伝えしてまいります。


分譲タイプの物件は主に3つ


1、賃貸用に建設されたが、仕様・グレードが分譲に近いレベルで分譲仕様といえるもの


2、分譲マンションとして販売され、売れ残ったものが賃貸用にまわったもの


3、分譲マンションを自ら購入したが、大家さんとして賃貸にまわすもの


分譲マンションは賃貸用マンションに比べて、壁、床ともしっかり造られていて、

防音、断熱、耐震においても優れています。


設備の質が良いのも多くの場合が分譲でみつかります。


つまり賃料もそれなりの価格となります。


しかし、ここでお伝えしておきたいのは3の場合です。

当然、新築であれば高いのはおわかりだと思いますが、

築年数が経過している物件であれば、

3の場合、賃料は相場とかわらない事も多いのです。


たしかに分譲でも築年数が経過していると見た目は

賃貸物件とかわらないかもしれませんが…

その物件がリフォームされ修繕もされていれば、部屋の中は綺麗です。


しかも、分譲でつくられているので防音性等も優れています。

また周りに住まれている方は基本的に購入されている方なので、

コミュニティの質は高い場合が多いのです。


つまりお宝物件といっても決して過言ではないのです。


このようにポイントをしっかり把握しておけば

より良い暮らしを実現する事ができます。


上記のような物件があるか気になった時は

いつでもお問い合わせくださいませ。

The following two tabs change content below.

広報