内見の際にチェックしておくポイントとは??

理想の暮らしを実現する為には内見は必要不可欠です。



その内見でチェックするポイントは人それぞれかと思います。



それでは最低限チェックしておいた方がよいポイントをご存知でしょうか?



本日はそのポイントをお伝えしてまいります。


■家具のレイアウト後をイメージする

あたり前の話なのですが、家具が入っていない部屋は

広く見えますよね。だからこそ、第一印象にまどわされずに、

その部屋に家具をおいたイメージをして判断しましょう。


■収納スペース

住宅において、収納スペースがどれくらいあるかどうかで

居住スペースが大きくかわってきます。広くても

収納スペースが少なければ、結局狭くなってしまいます。

■日当たり風邪通りのよさ

日当たりが悪い部屋は洗濯物のかわきにくい上、部屋もジメジメしてしまい

カビも発生しやすくなります。また風通りが悪くても同様の事が考えられます。

風通りは窓の大きさや窓数、日当たりはコンパスを持っていき

南の方向を調べるのも良いかもしれません。


■騒音

騒がしいと何かと落ち着かないと思います。また睡眠等にも関わるので、

耳をすまして、気になる音がしていないかは確認すると同時に

管理人にも確認しておくのが良いかもしれません。


■防犯対策・セキュリティ

セキュリティのチェックは非常に重要です。泥棒は手間かかる家を嫌います。

鍵が2つついていたり、窓ガラスがわれにくい針金入れでできていたりと

二重でセキュリティがある等は非常にポイントです。

防犯の為のライトやアラーム等細かくチェックしておくべきです。



上記のように、内見の際は必ずよくチェックしておくようにしましょう。

The following two tabs change content below.

広報